家族葬の1日葬とは

家族葬でも一日葬が出来ます

家族葬でも一日葬が出来ます 葬儀の形態の一つとして家族葬というものがり、親族のみで行うのですが、お通夜を含めた2日間のプランを提供している葬儀会社が多いです。告別式に来られない方に向けても、お通夜にて最後のお別れという流れをつくっていますが、より簡素に故人様をお見送りするために、家族葬にて一日葬を行う方も増えています。昨今ではライフスタイルの変化もあり、お通夜への意味合いが人々によって変わってきている傾向もあります。そういった背景もふまえた上で、お通夜について説明します。

お通夜は、家族や親族が、故人との最期の夜を過ごすための儀式です。本来なら、亡くなった方が目を覚ますことを願って、葬儀までの間、線香の火を絶やすことが無いように、集まった方で故人との思い出を語り合う時間でした。従来では、多くの地域で葬儀の際の風習として、お通夜を自宅で行って、翌日葬儀会館やお寺などで葬儀をする流れとなっていました。

しかし、ビジネスの観点からすると、葬儀会社から各種葬儀プランを提案する際に、斎場なども含めて提供する業者も多くなってきました。葬儀にまつわる各種準備及び故人の搬送、市区町村に提出する各種書類作成や届け出などの手配も一括で執り行うことによって、遺族の負担も少なからず軽減されることになります。

また、参列者の方が職場から直接斎場に向かいやすいように、午後6時、7時ころから始まる半通夜も一般的になりつつあります。交通のアクセスの面から考えても、斎場は駐車場が広くて、公共交通機関を使ってもより一般の参列者の方にとって行きやすくなっています。その一方、斎場では防災上の理由から、線香を絶やさない寝ずの番を認めていないところが多いです。宿泊設備の整っている斎場も限られているため、故人と最期の一夜を過ごすことが少なくなっています。

家族葬においては、家族や親族のみで執り行うということから、葬儀にも家族の考えが反映しやすくなっています。それに伴い、寝ずの番は必要なく一般の方の参列者が来られないということなら、お通夜をせずに、告別式・火葬による一日葬を選択される家族も増えています。もちろん、お通夜をしないことで、僧侶に支払う費用や各種準備にかかる時間や費用を削減することにもつながります。葬儀会社のサービスの充実及びライフスタイルの変化に伴って、一昔前と比べると葬儀の風習は変わってきています。家族葬も含めて葬儀にはさまざまな形態があり、サービスの内容も細分化されています。故人の意思もふまえて、よりよい選択をするためにも事前に情報を収集して準備することは大切です。

トピックス