家族葬の1日葬の費用について

家族葬を1日葬にする場合の費用ですが、お通夜を省略して葬儀を1日にすることで、通夜振る舞いの飲食代がなくなりますが、斎場にかかる費用は2日分になります。その他費用について説明します。

家族葬の1日葬であっても、花祭壇・返礼品・棺桶など、告別式において必要な備品あるいは参列者の方への返礼の品などの費用については大きな差はありません。故人の遺体を搬送して火葬場へ送るにあたっての費用や火葬にかかる手数料などは、お通夜が無くても告別式の時に必要なものですから、これは削ることが出来ません。僧侶への戒名や読経の代金も必要です。しかし僧侶のお車代やお膳量は1日分で済みます。人件費についても、スタッフが少なくて済む場合がありますから、削ることが出来ます。葬儀社のサービス内容によって異なりますが、ある程度の費用を削減することはできるでしょう。

しかし、葬儀会社によっては家族葬プランであってもお通夜とセットにして提供されているところもあります。特に、互助会に入られている方には、1日葬のみでは、割引プランの対象が外れる場合などもありますので、予め葬儀会社との確認は必要となります。一般的な葬儀会社のプランの場合は、家族葬には概ね30万から50万円かかります。その上に別途僧侶へ支払うお布施の料金なども考慮する必要があります。また、葬儀会社の互助会や積み立て貯金などに入られている場合は、その費用を抑えることができますし、割引金額にて提供していただける場合もあります。

家族葬の1日葬ではあっても、各種揃える場合には相応の金額が必要となります。決めるにあたっては、予め葬儀会社や寺院とよく相談したうえで、内容についてよく吟味し、適切なプランを決めることがおすすめです。