家族葬を1日葬で済ませる理由

家族葬を1日葬で済ませるというケースも近年では増えてきています。もちろん葬儀会社のサービスの充実やライフスタイルの変化といえばそれまでですが、そういった背景も含めての説明をします。

家族葬の場合に限ったことではありませんが、親族が遠方であることや介護などの理由によって家を空けられないため、お通夜だけでなく告別式にも参列できない方もいます。また、故人とかかわりのある親族が概ね高齢者である場合にも、経済的、体力的な負担を軽減するという理由から、1日葬を選択することがあります。アクセスなどが便利ではあっても、斎場までの移動が長時間にわたったり、参列をするにあたり時間も少なからず拘束されるということも理由の一つです。

その他にも、家族葬を選択しお通夜をせずに1日葬にすることで、費用を抑えられることも挙げられるでしょう。斎場の使用料については、告別式の準備もあり2日間使用するということが多いので、費用は大きく変わりません。しかし、お通夜を運営するスタッフやお通夜の際に提供する飲食代金はかかりません。もちろん、告別式のみの場合は、参列者様の人数も減ることになるので、さまざまな費用が削減できます。また、葬儀会社の方で僧侶を手配する場合、2日間の設定だったのが、半分で済みます。しかし菩提寺などがある場合は、今後のお付き合いもありますから予め事情をお話したうえで、寺院の方に事前に確認することをおすすめします。

このように家族葬を1日葬にすることによって、参列者の負担軽減と家族葬にかかる費用を抑えることが出来ます。しかし、費用だけにとらわれないように、故人を快くお見送りすることを心掛けた上で決めることが大切です。