家族葬を1日葬にするメリット

家族葬を1日葬にするメリットについて紹介します。別名ワンデーセレモニーと呼ばれており、地域によっては近年広まりつつある葬儀形態の一つです。お通夜が無いことによる、参列者の方の日程や体力的な負担軽減は理由の一つですが、さらに掘り下げて説明します。

県外などの遠方から参列される方には、交通費の他に宿泊施設の問題が出てきます。特に、お子様がいる家庭では、お子様だけ残して1日家を空けることができないため、ご家族連れでの参列を希望される方もいるでしょう。その場合ですが、利用する交通手段によってはかなり費用がかかることになります。家族葬を1日葬にすることで、日帰りで参列することが可能になる場合もあります。小さなお子様がいる方も、日帰りだと児童を預かる関係各所を利用することによって、大人のみ参列することもできるでしょう。

家族で介護が必要な方がいるといった事情のある方も、各種整備されているサービスを利用したり、1日のみなら理解のある知人に見てもらえるというように、精神的な負担も軽減されます。このように参列者のさまざまな負担を軽減するというメリットの他に、参列しやすい日程設定を調整しやすい点もメリットとして挙げられます。

家族葬であっても高齢の参列者の方にとっては、お通夜を含めて2日間というのは時間的に拘束されることもあり、体力的な負担も相応にかかるものなです。また、お勤めの方では、2日のところを1日にすることで、仕事を大きく空けなくて済むというメリットがあります。このように、参列される方のライフスタイルに合わせてのスケジュール調整をしやすいことが家族葬を1日葬にするメリットの一つです。家族葬のあり方について理解を得られやすいように、時間のある時に家族や親族で話し合いをしておくとよりスムーズになります。